専門実践教育訓練給付金


平成26年10月からは、従来の教育訓練給付金(名称が「一般教育訓練給付」に変更)に加え、新たに「専門実践教育訓練給付」及び「教育訓練支援給付金」が創設されました。
さらに、平成30年1月からは、「専門実践教育訓練給付」及び「教育訓練支援給付金」について、給付率の引上げを行う等、制度を拡充しています。
(政府広報オンライン「専門実践教育訓練給付金の拡充であなたのキャリアアップを支援します」より抜粋)

※詳細については、こちら(厚生労働省「専門実践教育訓練の給付金のご案内」(PDF)にリンクします)をご参照ください。

専門実践教育訓練給付金とは

社会に出て働いたことのある方を対象に、キャリアアップを目的とし、専門性の高い資格や知識を得るために新設された雇用保険の給付制度で、補助金の金額が大きいことが特徴です。
厚生労働大臣が指定した講座を受講し、資格取得をして就職すると、学費の一部が支給されます。

給付金の水準
受 講 中:講座費用の50%を支給(本学の場合80万円)
資格取得後:一定割合(20%)を上乗せ(本学の場合32万円を支給)

給付金の対象となる方
(1)雇用保険の被保険者(在職者)
・受講開始日に、雇用保険の被保険者期間が通算3年以上ある方
(初回に限り通算2年)
(2)雇用保険の被保険者であった方(離職者)
・離職日の翌日以降、受講開始日までが1年以内で、雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方

受給資格について
訓練前にキャリアコンサルティングを受ける必要があります。
※詳しくは住所管轄のハローワークにお問い合わせください。

給付金支給までの流れ受講開始日の一か月前までに手続きの必要があります。

受講前
【1】受給資格・支給要件を確認
あらかじめハローワークで確認
【2】訓練前キャリア・コンサルティング受講・ジョブカード作成
申請手続きの前に行う
【3】申請手続き (受講開始日の1ヶ月前まで)
ハローワークに書類を提出

受講中
【4】支給申請 (6ヶ月間が終わった翌日から1ヶ月以内)
ハローワークに書類を提出
※「教育訓練支援給付金」受給者は別途支給申請手続き、2ヶ月に1回の給付金認定日にハローワークで失業の認定を受ける必要があります。

受講修了
【5】支給申請 (受講修了日の翌日から1ヶ月以内)
ハローワークに書類を提出

資格取得・就職
【6】追加給付支給申請 (雇用されてから1ヶ月以内) ※雇用:一般被保険者として就職
修了日から1年以内に雇用された場合、20%追加支給申請可能