ビューティビジネス研究科紹介

ビューティビジネス市場における消費者ニーズは多様化、高度化しており、多様なライフスタイルを持つ顧客にホスピタリティに飛んだサービスで感動を与えることのできる高度な経営力を持つ優秀な人材が必要になっています。しかし、現状では高度な経営力を持つ優秀な人材を育成する教育機関が存在せず、それがビューティビジネスの発展を阻害する要因になっています。アジア地域などの経済の自由化が急速に進む諸国では、すでに大衆レベルまでビューティビジネスに対する需要が高まっています。本学で育った人材は、日本だけでなくグローバルな活躍の場が期待できます。

目指す産業と職業分野

ビューティビジネスの中心的存在であるヘア、メイク、ネイル、エステ等の理美容業界を始め、化粧品業界、ファッション業界、美容健康業界などにおいて、ストアマネジメントからトップマネジメントまでを担えるビジネスリーダーとして、ビューティビジネス経営者、あるいは管理者、教育者として活躍が期待できます。

目指す産業

ビューティビジネスの中心的存在であるヘア、メイク、ネイル、エステ等の理美容業界を中心に、以下のような産業での活躍を目指します。

  1. ヘア、メイク、ネイル、エステ等の理美容産業
  2. 化粧品産業(メーカー、ディーラー、小売店)
  3. ビューティ関連産業(ヘルスケア、ファッション)
  4. ビューティ関連教育機関

目指す職務

ストアマネジメントからトップマネジメントまでを担えるビジネスリーダーを目指します。具体的には、以下のような職務です。

  1. 経営者、後継経営者、経営コンサルタント
  2. 中堅幹部、店長、支配人、マネージャー
  3. 教育訓練指導者、教職員
  4. ベンチャービジネスの企業家

ビューティビジネス修士を授与

学問・実務

本学は、産業界と大学院との産学協同による「理論と実践の有機的結合」の教育システムで高度な専門経営者を育成するビジネススクールです。本学の課程終了後、ビューティビジネス修士(専門職)(Master of Beauty Business)の学位が授与されます。

経営学、会計学、マーケティングなどのビジネス基礎科目は、指導経験豊富な研究者教員が担当。ヘア・メイクサロン、エステティックサロン、化粧品店など、各業態別に設けられるマネジメントや従業員の技術評価に関する発展科目は実務家教授が担当します。研究家教員と実務家教員が理論と実践をバランスよく提供し、ビジネスに直結した高度な知識・スキルを効果的に修得できます。

4コース制を導入

ハリウッド大学院大学は、新たな構想に基づいて、ビューティビジネス専門経営者を育成するための4コース制を導入します。自身の研究テーマに沿ったコースを選択できるようになりました。

ビューティサロンビジネスコース

  1. グローバルな最先端のビューティサロンビジネスの起業を目指す。
  2. ヘアデザイナー・メイクアップアーティスト、ネイリストなどのリーダー、店長経験者で最先端のビューティビジネス経営者を目指す。
  3. 日本のおもてなしビューティサロンのノウハウを習得し、日本や海外でのビューティサロンビジネス起業を目指す。
  4. 修士号取得のビューティサロン経営コンサルタントを目指す。

コスメティックビジネスコース

  1. 化粧品会社(メーカー・ディーラー・専門小売店・素材企業等)へ就職し、コスメテクニシャン、化粧品の市場調査・事業企画ができるリーダー、マネージャーを目指す。
  2. 化粧品会社(メーカー・ディーラー・専門小売店・素材企業等)へ就職し、化粧品会社の起業を目指す。
  3. 化粧品会社(メーカー・ディーラー・専門小売店・素材企業等)の承継者で、最先端の経営者を目指す。
  4. 化粧品会社(メーカー・ディーラー・専門小売店)でコスメティシャンリーダー、マネージャーを目指す。

ファッションビジネスコース

  1. ファッションビジネス分野とビューティサービスとの融合型ビジネスの起業を目指す。
  2. ファッションスタイリスト、ファッションアドバイザー、ファッションデザイナーのリーダー、マネージャーを目指す。
  3. ファッションビジネスの承継者で、企業経営の革新を目指す。
  4. ファッションビジネス分野の経営コンサルタントを目指す。

ヘルスケアビジネスコース

  1. 健康食品の開発や健康食志向のフードビジネスの起業を目指す。
  2. 介護福祉の分野とビューティサービスとの融合型ビジネスの起業を目指す。
  3. 美容医療・美容整形分野でコーディネータービジネスの起業を目指す。
  4. ヘルスケアアドバイザー、ヘルスケアコンサルタントを目指す。