サービスビジネス基礎科目

サービス経営学

寺本 義也 教授・博士(副学長)

本講義のメイン・テーマは「サービス企業の戦略経営」である。サービスは第三次産業(小売、サービス業)だけでなく、製造業(第二次産業)や農林水産業(第一次産業)でも重要な役割を担いつつある。サービス経営学を学ぶことがますます重要になっているし、今後のビューティビジネスの経営を考える上でも不可欠なテーマである。講義は事例研究を中心に進める。受講者による事例発表も必要なため積極的な参加が不可欠である。講義はテキスト『サービス経営学入門』をベースに進める。

講義の達成目標
受講生がサービス経営に関する体系的な理論と実践を学ぶことを通じて、自ら課題を発見し、その解決策を考えられるようになること。最終的な目標は、次世代のビューティビジネスのリーダーに必要な能力である、戦略的な「構想力」と「実行力」「人間力」を習得することにある。

 

サービス産業論

白石 重明 客員教授

サービス産業を「付加価値の提供」という視点から捉え、その概念、現状、課題とその克服方法等について、講義、受講者のプレゼンテーションとディスカッション、等により整理を行うとともに、具体的なスキルにつながる能力開発を行う。

講義の達成目標
① サービス産業の概念、現状、課題等について正確な理解を得る。
② 生産性の概念について正確に理解し、その向上に向けた様々なアプローチについて検討を行い、具体的な
応用能力の開発を行う。
③ 具体的なスキルにつながる能力開発を行う。

 

グローバルサービス戦略論

横澤 利昌 教授(学長補佐)、高橋 真 教授

本講座は中小企業を戦略的に考え、国際的なサービス経営について講義と演習を通して学ぶ。サービス業はその仕事に適応した人づくりでもある。本学に多い起業に焦点を当て講義と演習を交えて進める。とくに美容サロンに限らず、サービス業のケースを取り上げて共に考えながら重要なポイントを理解できるようにする。

講義の達成目標
グローバルなセンスを身につけ、サービス業を創業できる能力をつける。